2018年1月13日土曜日

心が豊かなひとの考え方



見返りも求めない親切な人がいます。


はたから見ていると分け与えるので手元の取り分が減っています。


ただ そのひと曰く、モノ以外にも相手の為に与えられるものはたくさんある
与えるものはモノでなくてもいい。安心感であったり、言葉であったり
そうするともらった人は何かお返しをしなくてはと感じるので
そう思ってもらえるだけでも得をしていると考えるそうです。

私には、難しくてなかなか出来そうもないですが
少しずつやってみたいと思いました。

また、周囲に対しての気遣いや有り方を考えさせられるきっかけとなりました。

2018年1月8日月曜日

謹賀新年


2018年も何卒宜しくお願い致します。

 

 

2018年は「戌年」となります。

戌年…普段何気なく口にしておりますが、どんな意味なのか調べてみました。

様々な意味がある様ですが、その中で一つ、興味深いものを発見しました。

 

 

【戌は「守りの年」と言われ、アフターフォローやリスクヘッジをする事で、既存のお客様を守りまたそれが信頼と商売へつながっていく】

 

 

まさに、現在ロイヤルハウジンググループの最重要項目である 小さな親切心 で目指しているものと同じ意味合いがある事がわかりました。

 

※参考までに、昨年の「酉年」は商売繁盛という意味合いがある様です。

 

 

昨年は、皆様の絶え間ない努力が実を結び、シンボルロード店・モナ新浦安ショップ共に前年を上回る売り上げを上げる事ができました。酉年効果も多少はあるのでしょうか。

 

 

今年は、お客様へのきめ細やかなアフターフォローを大切に、さらなる売り上げアップを目指して頑張りたいと思います。

2017年12月25日月曜日

本当に正しいこととは

以前タイに行ったことがあります。

皆さんはタイという国にどのような印象を持たれているでしょうか。
・アユタヤ遺跡・トムヤンクン・常夏の国・ニューハーフが多い…


微笑みの国とも言われ、世界各国から旅行先として人気が高くとても開放的な国で自由に楽しんで暮らしているというイメージが強いのではないでしょうか。

確かに気さくな雰囲気の方が多いですし、魅力溢れる観光地です。

ですが、日本で生活していると想像もできないような社会の裏側というものが存在します。実情は人身売買なども行われ、実際に現地に行くとわかりますが身体の一部が欠損している方が「お金を恵んでほしい」と声掛けする姿も非常に多くみます。首都バンコクの中心地です。

あなたはこの方たちを見て金銭を恵みますか?

 
タイではこの金銭を恵むことが良いこととされており、自分の身に還ってくると考えられています。そのことを逆手に取った組織がビジネスとして、こういう方たちを派遣労働者として毎日一定の場所に配置します。

・自分のために金銭を恵む
 → この方たちの給料となり生活が成り立ち、ビジネスも無くならない。
   (この方たちの給料は一般社会人のそれを上回ることも珍しくない。)
・このようなビジネスが成り立たないよう、金銭は恵まない
 → この方たちの生活は成り立たず生きていけない。

どちらが果たして正しいことなのでしょうか。


社会の根本的な問題に目を向けることで、優しさ・親切といった枠を越えて正道について考えることができるようになるのではと思います。

2017年12月17日日曜日

まわりの人に精神的なメリットを与える

うちのお店の所長は、毎日朝礼時に本を読んでくださいます。

今日も同じように1冊の本の中から1ページ紹介していただき、
今回、私が書きたいことに近かったため、こちらに投稿させていただきたいと思いました。



『まわりの人に精神的なメリットを与える』

精神的なメリットとは、褒める・認める・温かい声をかける・味方になる・・・など

その中に3つの問いかけがあります。
●自分から進んで相手に笑顔を見せているだろうか
●自分から進んで相手に声をかけているだろうか
●自分から進んで相手の自己肯定感を高める行動をしているだろうか

皆さんは自分自身を振り返ったときに、どのくらい出来ていると思いますか。


私が学生時代の時に、バイト先の先輩で、どんなに忙しい時でも
食器を片付けて持って行ったときに 「ありがとう(^^)」
お客様から伺った注文を伝えたときに 「ありがとう(*^^)v」
など、笑顔でいつも言ってくれていたことを思い出しました。

私自身、恥ずかしながら社会人になりたての頃は、「ありがとう」という言葉をなかなか声に出せない性格でした。

今では、その頃よりは素直に言えていると自負しています。

でもまだまだ足りないと感じています。

バイト時代に出会った先輩のように 笑顔で「ありがとう(*^^*)」と言えるように、
これからも自分自身を成長させていきたいと思っています!

2017年12月11日月曜日

何年経っても消えない「親切」の思い出


私が小学生の頃の話。

 

自宅で家族全員でテレビを見ながら寛いでいた昼間の出来事です。

 

ふと気がつくと、まだ3歳になる前の弟の姿が見当たりません。

名前を呼んでも返事はなく、家中を探しても見つからない。

 

家族全員で近所を探しました。

2の子供が一人で行けると思われる場所を。

 

しかし、近所の公園や、ご近所の家を尋ねても何処にもいませんでした。

 

弟が戻ってくるかもしれないと家に祖父母を残し、両親と姉妹で範囲を広げて探すことにしました。

 

すると弟がいなくなった事を知ったご近所の人達が心配して集まってくれて
手分けして家族と一緒に弟を探してくれました。

 

暫く探した後、母が「もしかしたら駅前のスーパーかもしれない」と駅の方へと走り出しました。

 

駅前の大型スーパーは、踏切を越えた駅の反対側にあり、大人でも徒歩で15は掛かるのに
2の子供が一人で行くはずがないと私は思いました。

 

走る母の後ろを追いかけてついていくと、道の向こうから小さな子供が一人、テクテクと歩いてきました。

 

弟でした。

 

手には、大事そうにお菓子の付いた車のオモチャを抱えていました。

 

「お店から持ってきちゃったの?」と私が聞くと

 

「おばちゃんがくれた (^^とニコニコしていました。

 

たしかにオモチャには、会計が済んだ印のテープが貼ってありました。

誰かが買ってくれたものだと思いますが、
結局、何処のおばちゃんが買ってくれたのかは分かりませんでした。

 

きっと一人で冒険に出たものの、我に返った時に不安で泣いていたので、
優しい何処かの「おばちゃん」が買ってくれたのだと思います。

 

弟を連れて家に帰ると、一緒になって探してくれていた近所の人達も心配して待っていてくれました。

 

休日に車で行くことの多い駅前のスーパーですが、
平日に母と何度か歩いて買物に行っているうちに、弟は自然と道順を覚えていたのでしょう。

 

2の子供が一人で行ったことに大人達は皆、驚いていましたが、
自慢げな顔で嬉しそうにオモチャを見せて回る弟に気が抜けた様子で「良かったね」と微笑んでいました。



自分の家族でもないのに、心配して一緒に探してくれたご近所の人達や、オモチャを買ってくれた優しい「おばちゃん」に家族みんなが感謝した一日でした。


 


 

2017年12月3日日曜日

「ぼやけた彼女の顔」

私事の話なのですが。

今年の夏、妻に「癌(がん)」が見つかりました。

最初は、「少し体調が悪い・・・」などと妻が言うもので
心配も多少しかせず「とりあえず検査でもしてみたら?」と
ちょっとした疲労からくるものだと思い一声かける程度でした。

それから少しして、検査に行った妻は
案の定、腸にポリープが見つかり内視鏡での手術が必要だという事でした。

なんだか心配が込み上げては来ましたが

妻は「まぁ、2,3日くらいで退院できるって言うし」
「その間、こども達の事よろしくね」っと言って、たいした事ないくらいに言いました。
私は「とりあえず、夏季休暇に合わせればこどもの心配はいらないか」と
珍しくパパっぽい事を言ってみたところ。
妻は「大丈夫かなぁ・・・」と私の子守の心配なんかするほど余裕がありました。

それから時間は過ぎ、手術に向けて再検査・・・
というより、一度目の時にしっかり検査がしきれなかったので
念のため、またまた内視鏡での検査に妻は「いやだよぅぅぅ・・・」と
内臓物をクリアにするために、なんでも色々飲んだり我慢したりしなくてはならないらしく
項垂れていた姿を少し笑いながら「頑張って」と応援していました。

夏季休暇も入院日と予定通りとれそうだったので、あとは早く良くなれば

そう思っていた矢先

妻の再検査の結果を聞き、私は「え・・・?」と
言葉が出ていたか出ていないかは覚えていません。

検査結果は「癌(がん)」でした。
上行結腸にできたポリープに腫瘍が見つかり身体に穴をあけ
そこから器具を入れて切除する、とのことでした。

手術予定も変更

内科から外科への手術となり入院から退院まで約20日と
突然の出来事で、只々「・・・・(なぜ?)」と考え込むことしかできませんでした。

手術の予定も定まらず、早くどうにかしてほしい気持ちと
そんなに都合よく手術ができないことから
色々なストレスを感じていたのは今でも覚えています。

そんな時、外科担当医からお話があり、34件目の手術で良ければと言われ
迷うことなくお願いをしました。

夏季休暇、こどもを保育園に預け妻と話をしました。

こどものこと・仕事のこと・お金のこと
入院する前にしたいこと・退院したらしたいこと。

結婚してから、こんなに真面目に話したことあったかなと思うほど
たくさん話をした気がしました。

お互い、職場への報告をして
わたしは、妻の入院中は時間短縮での許可を頂き、こどもの送り迎えと、夕飯を共にし
妻は手術に専念することにしました。

妻の入院中、こどもたちはというと
次女(2)はあまり手がかからず、何か食べ物があれば満足していました。
しかし、長女(5)は流石に母の居ないことの理解があり
毎日、私が妻の入院する病院に立ち寄り交換日記をすることにしました。

妻は次女には「コレだーれだ?」とキャラクターの絵を書いて
  長女には「ママが退院したらなにしたい?」「どこに行きたい?」などど
日記に書き、娘にわたしがそれを読んで、長女の言葉を日記に書き写しました。

ある日、長女が言った言葉にわたしは、ふと目の前がぼやけました。
「ママが頑張ってるから・・・今は我慢するの頑張る。」

少し涙をにこらえ、目元を赤くしながら小さな腕で目をこする姿に
わたしは思わず、ギュッと娘を抱きしめて
「パパにはなんでも言っていいからねと」言いながら
次に彼女の顔を見た時には顔がにじんでよく覚えていません。

娘が何も言わず、わたしの胸に顔を寄せ震えていたことは忘れもしません。


早期発見、短期間での手術のおかげで
妻は、無事に退院。

今は今後再発していないかの確認のため5年間の通院をすることになり
帰宅した妻に、長女は顔を見るなりギュッと抱きつき
我慢していた涙をポツポツ流すと

妻は笑顔で「頑張ったね」「もぅ我慢しなくていいよ」と言うなり
娘は声をあげて泣きじゃくりました。

今回の件で、家族、友人、職場、保育園の先生、病院の方々にとても支えてもらい
改めて人の親切に感謝する機会が沢山ありました。

人の支えが、こんなにもありがたいと実感できたのも
不幸にも幸い、いつも誰かが支えになってくれたおかげで
今日も妻とこどもの笑顔見ていられることに感謝します。


これからも家族とともに
人を思う気持ち、人に対する気持ちを大切に
生きていければと思います。

親身になってくれた、親切にしてくれた皆様にお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。


2017年11月26日日曜日

マスク大国

日本では約100年前(大正)にインフルエンザの大流行によりマスクが普及し始め、

主に

<感染(他人からの感染、他人への感染)予防>

<花粉症対策>などを目的として使用されており、

近隣のアジア諸国では

<大気汚染対策>や<オートバイ運転中の排気ガス対策>などとして使用されていることが多いそうです。

 

 

先日、マスクで驚くことがありました。

 

私の母が風邪をひきまして・・

しかも、海外旅行の前日に・・・・

母は体調の優れないまま、友人とアメリカへ行き、数日後には体調も回復して戻ってきました。

 

私は母へ体調は大丈夫だったのかと尋ねると、

「大丈夫だよ。ただ驚いたことがあって、友達に風邪がうつらないようにマスクをして生活していたら、アメリカ人の店員さんに『オーマイガー!』なんて言われるし、

通りすがりの人もびっくりしてこっちを見てくるんだよ」と言っておりました。

ちなみに、アメリカではマスクをしていると、<大変な病気をもっている人>と見られているそうです。

 

皆様も感染(他人からの感染)予防としてマスクを使うこともあるかと思いますが、

自分が風邪になったら『感染を広めないように』マスクを使用することも多いのではないでしょか?

世界では、ファッションにうるさい日本人が電車の中や風邪の時などにマスクをしているはお洒落ではないし、空気も汚れていないのに、と不思議に感じるそうです。
 
 

あえて言わせて頂きたい

マスクは周りへの気遣いなのです!!!

 

と。

 

朝晩冷え込む日が続いております。

皆様、風邪にはどうぞお気をつけください。