2021年1月18日月曜日

登山道で感じる小さな親切

 私はたまに趣味で山登りに行くのですが、登山中は多くの親切に触れる機会があります。

 

・狭い道ですれ違う時に「お先にどうぞ」「ありがとうございます」等の言葉のやりとりがあり

・大人も子供も関係なく「こんにちは!」と爽やかな挨拶が交わされたり

・滑って転んだりしている人がいれば「大丈夫ですかー」と手を差し伸べたり

 

何よりまわりの人たちに対して、あまり警戒感なくコミュニケーションがとれる様になるので不思議です。

きっと都会の喧騒から離れ、自然の中にいる事で気持ちがデトックスされているからなのかな、なんて感じております。

 

日常を振り返ってみると、道を譲ったり、ちゃんと目を見てお礼を言ったり、元気よく挨拶したり、転んだ人に対して手を差し伸べたりする事って、当たり前の事ではあるのですがそんなにちゃんとできているかな?とも疑問に思いました。

 

  

そんな登山中に、鎖とロープで登る様な急斜面の登山道がありました。

 


 

このロープと鎖、県や市で用意しているものだと思ったら、実は違うんです。

登山愛好家の方々が実費で取り付けたものだそうです。

何のメリットも無い事でも無償で行っている行為に親切の本質を感じました。

 

私もこの見返りを考えない行動というものを、できる範囲から実践してみようと実感したできごとでした。

 

 

P.S. 千葉の300mくらいの低い山なのですが、頂上まで行くと結構開放的な景色を見る事ができます。眺望良好です♪

 


2021年1月7日木曜日

「距離」はとっても、「心」は近くにありたい。

新年あけましておめでとうございます。

コロナ禍が騒がれてから早いもので1年が経ちました。

先行きが見えない不安の中、激動とも言えるような1年でしたが、

振り返ってみるとあっという間でもありました。

三密への警戒からソーシャルディスタンスが世のスタンダードとなり、

仕事面においては、出社せずに自宅でテレワークという形態が

一つのワークスタイルとして定着しました。

直近では、今年は帰省せずに電話で年始の挨拶を済ませた方も

多くいらっしゃることと思います。

そのような中で心掛けたいこと。

「距離」はとっても、「心」は近くにありたい。

 

2021年も、ロイヤルハウジングは皆様のお心の

最もお近くでお手伝いをさせて頂ければ幸いです。

2020年12月22日火曜日

皆様に感謝

今年最後のブログになってしまいました。 

社員皆で工夫して作った来年のカレンダーをお配りさせて頂いたところ、
皆様からたくさんの感謝の言葉が届きました。 

メールやお葉書、お電話、直接ご来店いただいた方もいらっしゃり、
「ありがとうございます」とお言葉をいただきました。
直接ご来店頂いた方は、本当に嬉しそうな表情でおっしゃってくださり、
こちら側もとても嬉しい気持ちでいっぱいになりました。


感謝の言葉は私たちの励みになります!
今年も色々な場面でたくさんの『感謝の言葉』が飛び交っていたような気がします。
 感謝の気持ちを忘れずに残り約2週間、また来年も頑張りたいと思います。

来年は明るい世の中になりますように。。。

来年もロイヤルハウジンググループをどうぞよろしくお願い申し上げます。

2020年12月7日月曜日

浦安探訪


2020年も残りわずかとなりました。


今年1年は激動…の1年でしたね。  
自粛ムードで例年のようにイベントや旅行などを楽しむこともままならない状況でしたね。


 弊社では、浦安の魅力を広く伝えたいと「浦安探訪」という動画を作成しました。 

 約4分半と短い動画ですが、浦安の小旅行を疑似体験して頂ければと思います。 


 「浦安探訪」
下記からご覧頂けますので、是非、ご視聴ください。
 www.youtube.com/watch?v=7Xfi2C4N500 



動画から抜粋した写真を使い、来年のカレンダーも作成致しました。


 来年は良い年になるよう願うばかりです。


2020年12月4日金曜日

今年も、あと一か月ちょっととなりました。 一年あっという間ですね。 今年一年を振り返ると、沢山の方にお世話になり、多くのことを学ばせて頂いたと思います。 そして驚くのは、学べば学ぶほど、学ぶべきことは山ほどにあると気づくことです。 この1年で接客業の難しさとやりがいについて再認識することができましました。その中で特に学んだことが二つありました。 1つは言葉使いの大切さです。自分は敬語を使って接客ができていると思っていても、間違った言葉遣いをしていることが良くありました。 電話対応でも言葉一つでお客様を気持ち良くさせることもあれば、逆に不快にさせてしまうこともありましたので 今後は特に気を付けていきたいと思います。 2つ目はお客様に感謝されることです。お会いしたお客様に「ありがとう」と感謝されたり、お客様の笑顔を見るともっと頑張ろうと思えました。 感謝されるために仕事をするわけではありませんが、「自分が誰かの役に立っている」と感じられるのはとても嬉しく、これ以上のやりがいはないと実感しました。 まずは今年学んできたことをしっかりと身につけて、お客様に素敵なお住まいを提供したいと思います。 それでは、今年もあと少しなので皆様お体にお気を付けて、良いお年をお迎えください。

選択

人生を生きていると様々な選択を迫られる時があります。 
老若男女問わず、大なり小なりで迷う事は誰にでもあると思われます。

 私は選択を迫られた時は以下のルールを決めています。  

「どちらが楽か」ではなく、 
「どちらが楽しいか」で決めること。  

「どちらが正しいか」でなく、 
「どちらが温かいか」で決めること。  

「どちらが得か」でなく、
 「どちらが徳か」で決めること。  

「どちらが損しないか」でなく、 
「どちらが後悔しないか」で決めること。

 あくまでも個人的なルールですが、
 もし、選択に迷われた時はご参考にしてみてください。  

どんな結果になっても気持ちは前向きのままでいられます。

2020年10月25日日曜日

良い友人を持ちました

今年も無事に1つ歳を重ねました。

年々自分の年に無頓着になっており、

いつもと変わらない1日だと働いていましたが、

出会って16年の友人から嬉しい言葉とともにお菓子のプレゼントをもらいました。

 

彼女は出会った時から他者への思いやりが溢れている子だな、

と感心することが多かったのですが、

開業してからは思いやりがパワーアップし、

尊敬する社会人だと思っています。 

 

特に、仕事をする中で出会ったお客様や、友人の何気ない言葉を覚えておき、

それに合ったちょっとしたプレゼントをする姿をよく見ます。

 

常日頃から相手のことを思って行動する友人に良い影響を受け、

私も相手の事情や状況にあった行動をしたいと考えた出来事でした。