2020年9月30日水曜日

思いやり

 

先日、自宅近くの商店街を歩いていた際に雨が降ってきました。

元々その日は雨予報だったのですが、自宅も近いし少し買い物する程度だから

大丈夫だろうと思い、傘を持たずに出かけました。

案の定、店を出るときは土砂降り。しかしその後に美容室を予約していた為

時間もないことから店を出ました。

本当に土砂降りのタイミングでしたのでわざわざこのタイミングで傘も差さずに

歩いておりましたから、傍から見たらなかなかの変人っぷりを発揮していたと思います。

少し歩いたところで後ろから声をかけらえました。

振り返ると警察の方でした。

警察の方は交番の前を傘も差さずに歩く私も見て、以前持って来ていた傘が余っていたのを思い出し、私の為に持って来てくれたのです。

正直びっくりしましたが、せっかく雨の中持って来てくれたのでお借りし、

後日、菓子折りをもってお礼に伺いました。

 

あの土砂降りの中、自分の為に走って傘を持って来てくれた。簡単なことかもしれないけど

なかなか行動に移すことは難しいことかもしれません。

一人一人が相手を思いやり、尊重し、助け合う事が出来れば

より良い人間関係を構築でき、より前向きに人生を謳歌出来るのではないかなと思いました。

2020年9月5日土曜日

通勤電車での出来事

職場からの帰宅途中、いつも座席に座ることの出来ない通勤電車で珍しく座ることが出来た日の出来事でした。

駅につき電車を降りると後ろから「この鍵あなたのでは無いですか?」と声を掛けられました。

ズボンのベルトループに掛けていた私の鍵が座席に落ちていたようで。

隣に座っていた女性が、電車から降り私を追いかけてきてくれたのです。

私は「ありがとうございます」とお礼を伝え、鍵を受け取りました。

そうするとその方は再び電車に乗り込みました。

ご自身が電車に乗り遅れ危険を省みず、見ず知らずの私の鍵を届けてくださったのです。

おかげで私は無事に家に帰ることができました。

自分自身が親切をうけたら、親切でお返ししようと改めて思いました。

2020年9月1日火曜日

時代の変化

最近は、お客様とお話をしていてもリモートワークの方が多く、本格的に時代の変化を

感じる今日このごろです。

 

私達、不動産仲介業は基本的にリモートワークは存在しない仕事で、弊社自体もそのあたりの変化はまったくありません。

 

しかしお客様へ提供するサービスなどには変化の兆しがあります。

 

◎ズームなどを使ったオンライン相談

◎動画による物件紹介

 

などが各社で導入されています。

 

まだまだ使い勝手としてはお客様にとって十分ではありませんが、今後はこういったサービスが当たり前になってくるかと思います。

 

遠方にいらっしゃるお客様が相談しやすくなったり、お時間がない方でもオンラインで相談などまだまだ見えないメリットや可能性がありそうです。

 

ロイヤルハウジングでも時代に取り残されないように今後も新しい取り組みを行っていきたいと思います。

2020年8月17日月曜日

落とし物

去年の今頃、夏の暑い日でした。 勤務中、外での用事を終え店舗へ帰ろうと歩いていた時のこと 「ザザー!」 向かいから歩いてきた女性の足に何かが当たって、地面を擦るようにこちら側に蹴飛ばされてきました。 思わずその蹴られた物を見てみると、それは男性物の二つ折り財布でした。 「あっ!」 同時に財布だと認識したその女性と私は顔を見合わせました。 「それ、財布みたいですね・・・」 そう声を掛けると女性は 「私、急いでいるので・・・」 そう言って駅の方へ行ってしまいました。 どうしよう・・・ とりあえず交番に届けるか・・・ 私は来た道を戻り、駅前の交番へその財布を届け、中身の確認や手続きを終えて交番を後にし店舗に帰りました。 無事に落とし主が見つかると良いなぁ・・・ そう思いながら1時間ほど経ったとき、社員のMさんから「財布の落とし物を見た人いませんか?」と声を掛けられました。 ビックリして店内を見ると、交番で中身を確認した際に見た、身分証の男性がいました。 落とし主が見つかって良かった。 私は自分が拾った旨と交番の場所を伝えました。 偶然にもお店に寄って聞いてくれて良かった。 男性もホッとした様子でした。 そして帰り際には笑顔で感謝の言葉をくださいました。 きっと無事に財布は手元に戻ったと思います。 些細なことですが、自分に出来ることがあればこれからも進んで行動に移していきたいと思う出来事でした。

2020年8月2日日曜日

コロナ感染対策

連日、コロナ感染者数が増加をしており、感染リスクが高まっております。
 
PCR検査数の増加もあるかと思いますが、緊急事態宣言の解除による気の緩みもあるのではないでしょうか。

 今一度、一人一人が気を引き締め、感染対策の強化に取り組みコロナウィルス感染拡大を防ぎましょう。

 弊社では、7月中旬に新浦安駅周辺の戸建てを中心に携帯アルコール消毒液をポスト投函させていただきました。 
少しでも、感染対策のお役に立てればと思っております。


2020年7月7日火曜日

風の強い日


7月に入り、梅雨らしいジメジメとした日が続いています。
それだけではなく、風が強く吹いている事も多いです。
特にそんな風の強い日のことでした。

歩道を歩いていると、急な強風で前方20mを歩いていたご年配の女性が転倒してしまいました。
すると、部活帰りだと思われる野球部の中学生数人が駆け寄って声を掛けたうえで、助け起こしていました。それだけに留まらず、そのうちの一人が携帯電話で救急車を呼び、数分後には到着していました。

あまりの手際の良さに、自分は立ち尽くすしかなかった為、凄まじい行動力を持っているなと感動しました。
困っている人が居たら、すかさず手を差し伸べられるような人間で在りたいと考えたと同時に、この親切の輪が広がってくようにと願わずにはいられませんでした。

2020年6月25日木曜日

教育の大事さ

バスの中で色々な方が席を譲っている光景をよく目にしますし、私自身も心がけております。そんな中先日感銘を受けた出来事です。その日のバスはほぼ満員で立っている方の肩と肩が触れ合う程混んでいる状況でした。その車内で5歳くらいの小さなお子さんが1人席の先頭に座って後に座っているお母さんとの会話を楽しんでいました。とあるバス停でご高齢の方乗車をしてきました。
車内が混雑している為、奥には進めずバスの先頭で困っている事にお子さんが気付き、「おばあちゃんどうぞ」と声を掛けていました。ご高齢の方は戸惑いながらもお子さんの優しさに甘え「ありがとう」と席に座りました。お母さんから「偉いね!」という誉め言葉に喜びながら「だってママがいつもそうしているから」と。子供は親の背中を見ていると言いますがその通りだと非常に感じた瞬間でした。私自身も同年代の子どもを持つ親として良い見本でいなければいけないという気持ちと共に、仕事においてもお客様をはじめ、社内においても心遣いを大事にしなければいけないと感じました。